教材全セット

 

ロングセールス英語教材「EVERYDAY ENGLISH PHRASES」で
すっかり応用言語学の第一人者としてのブランドを築いた「Yoshi」さん。

 

そのYoshiさんが新たに開発して
販売開始からわずか2週間で39,000人以上が購入したという英会話教材・・・

 

それが『Native English(ネイティブイングリッシュ)』です。

 

ビジネス誌や女性誌などでも、
バイリンガル女優の河北麻友子さんの広告でご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

Native English,ネイティブイングリッシュ,Yoshi

 

 

これまでのところ、購入者の「96.1%」が
わずか一ヶ月足らずで英会話の上達効果を実感したという報告がされています。

 

さらに権威ある調査会社の英会話ランキングでも軒並み『第1位』を独占しています。

 

つまり、これをまとめてみると・・・

 

教材名は『Native English(ネイティブイングリッシュ)』。

 

河北麻友子

●発売開始から2週間で39,000本突破!
●購入者満足度96.1%
●日本一の発行部数(18万部)の
 英会話日刊メルマガの発行者・Yoshiさんが開発
●人気バイリンガル女優の河北麻友子さんお薦め英会話教材

 

2015年に行われた専門機関による調査では・・・

 

■英会話教材 総合満足度[第1位]
■英会話教材 習得効果[第1位]
■英会話教材 保証内容[第1位]
■英会話教材 スキルアップ度[第1位]
■英会話教材 リスニング効果[第1位]
■英会話教材 スピーキング効果[第1位]

 

・・・満足度も習得効果も保証内容も【国内第1位】を獲得してます。
(※2015年 (株)ネオマーケティング調べ。全国20歳以上/英会話を習得したい男女1,000名の意向調査)

 

 

詳しくはこちら⇒ 英会話教材【ネイティブイングリッシュ】

 

 

 

CDセット1 CDセット2
テキスト1 テキスト2

 

 

 

なぜ、そこまで「Native English」が売れているのでしょうか?

 

英会話苦手

きっとあなたも経験があると思いますが、
いくら高いお金を払って英会話スクールにも通っても、
書籍で勉強しても、文法をイヤというほど覚えても英会話なんてできない。

 

そうカンタンに英語なんて話せるようにならないんですよね、普通は。

 

もちろん、数年前から人気の「聞く教材」で毎日勉強しても、
ネットを見ればすぐ分かることですがいつまでたっても話せない。

 

できても挨拶や単語を並べて話すぐらいで、ちっともネイティブに通じる会話にならない。

 

つまり今、日本は英語が話せなくて悩んでいる人でいっぱいなんです。

 

この「Native English」は、
そんな英会話に何度も挫折した人や諦めた人たちを中心に売れているようです。

 

 

「Native English(ネイティブイングリッシュ )」 体験者の声

 

 

 

基本的に【英語は音声】です。

 

Native English,ネイティブイングリッシュ,Yoshi

 

だから『耳から学ぶ』ことが最も効果が高いことは数々の臨床試験等でも実証されています。

 

でも、あの「聞き流す教材」では
リスニング、つまり英語を「聞き取る」ことだけしか身につけることはできません。

 

だから「話すこと」、スピーキングはできない。
話せないんだから、会話なんてできるはずがないのが当然なんですよね。

 

一方、Yoshiさんの新教材である「Native English(ネイティブイングリッシュ)」。

 

これは日本初の「聞く」と「話す」を同時に習得できる【音声教材】です。

 

『耳から学ぶ』ことで「聞く」「話す」の両方、
つまり会話力を上達させる初めての英会話習得プログラムなんですね。

 

ラジオ英会話教室の元講師であり、
国内の応用言語学の第一人者であるYoshiさんが監修した英会話教材の新定番といえそうです。

 

一日に必要な時間はたったの「6分」です。

 

 

詳しくはコチラをご確認ください⇒ 英会話教材【ネイティブイングリッシュ】

 

 

300ものシーンでネイティブにも通じる英語を話せたら、
一気に英語ビギナーを卒業できると思いませんか?

 

友達との会話、気になる人をデートに誘ったり、ビジネスシーンでの商談などなど・・・

 

もし、日常の300以上の場面で、スラスラと英語が口から飛び出すようになったら
英語初心者をあっという間に卒業できると思いませんか?

 

しかも、英単語の丸暗記なんて必要ないとしたら…。

 

Native English,ネイティブイングリッシュ,Yoshi

 

あなたもきっと心当たりがあると思うのですけれど、
いろんな教材で英語を勉強したけど、いつまでたっても話せないと悩んでいる方の多くは、

 

■ そもそも英会話のフレーズを知らないので、意味が分からずどう反応していいのか分からない
■なんとなく言ってることはわかっても、どう答えたら正しく伝わるのか全然英語が出てこない

 

このどちらか(もしくは両方)で、英語につまづいています。

 

逆をいえば、もし、ネイティブとの会話でよく出てくる会話のやりとりを覚えてしまって、
考えるなくても自然にスラスラとフレーズが飛び出すようになったら、
英語を話せないという悩みは消えてしまうことになりますよね。

 

でも、一体どのくらいの会話の例(フレーズ)を覚えればいいのでしょう?

 

その答えとなるのが、「スピーキングパワー」で解説している300の場面での英会話フレーズなんですね。
しかも、英単語やフレーズを暗記する必要はないんです。

 

必要なのことは、ただプログラムにそって、毎日5つの場面で『オウム返し』を繰り返すだけ。
これを45日繰り返すことで、日常英会話を話せるようになってしまうようにプログラムされています。

 

一体どんな理屈でそんな簡単に英会話ができるようになってしまうのでしょうか?

 

その答えはは…英会話教材【ネイティブイングリッシュ】